意外と知らない永久脱毛の定義

TOP > 意外と知らない永久脱毛の定義

永久脱毛といえば代表されるのが医療レーザー脱毛やフラッシュ脱毛などですが、これらは実際に永久に脱毛効果が持続するのかというと、答えはイエスでもノーでもないというところが現状です。

永久脱毛というと、ほとんどの人は「永久に効果が持続する脱毛方法」をイメージすると思われますが、実は米国電気脱毛協会による永久脱毛の定義は、「最終脱毛から1ヶ月経過した時点でムダ毛の再生率が2割以下である脱毛方法」となっています。

永久脱毛をあなたに紹介致します。

つまり、確実に永久に効果が持続することが条件ではないのです。
なぜこのような定義がされているかというと、脱毛効果の永久性を実証するためには何十年間という非常に長い実証期間が必要とされますが、現在利用されているほとんどの脱毛方法は使用されるようになってからの歴史がまだ浅く、永久性を検証できる段階にないためです。


レーザー脱毛やフラッシュ脱毛もまだ何十年というような長い期間で利用されている脱毛法ではないため、実際にどれくらいの期間効果が続くのかははっきりとはわかっていない状況です。



しかし、いずれの方法でも被験者の大半は1年~数年という長期間に渡り効果の持続を実感しているとされています。

効果が十数年に渡っているという人も少なくなく、確実に永久性があるとは言えないものの、半永久的な効果があると言っても過言ではない非常に高い効果が望めることに違いはありません。



現存する脱毛方法の中では大変優れた脱毛効果と長い効果持続期間を有する方法ですので、施術を受ける価値は高いと考えてよいでしょう。